プログラミング学習環境のTechCommit利用準備(サイト編)

メイン画像

今回は、TechCommitのサービスを有効活用するのに必要な、TechCommitサイトの設定について解説していきます。

 

【目次】

  1. プロフィールを設定しましょう
  2. 学習日報テンプレートを設定しましょう
  3. 週間学習計画を設定しましょう
  4. スキルと学習時間の目安
  5. おわりに

 

プロフィールを設定しましょう

 

アイコンや自己紹介が設定されていると、どんな人でどんなことをしているのかがわかりやすく親しみやすくなります。

まずは自分のプロフィールを設定していきましょう!

 

 

ページ上部のグローバルメニューから、右上のアイコンをクリック→[設定]をクリックしてください。

 

 

アイコンはデフォルトだと「Gravator」を使用しています。

※Gravatorはメールアドレスに紐付いた画像を表示する為のサービスです。(詳しく知りたい方はこちら

 

自分で画像を設定したい場合は、まず「アップロード画像」を選択してください。

次に、「ファイルを選択」からアイコンにしたい画像を選択しましょう。

自己紹介の内容なども簡単に入力しておくとよいでしょう。

各項目の入力が済んだら、右下の [送信] ボタンを押してください。

 

 

画像などを設定すると、変更されたアイコンや名前がマイページに表示されます。

自己紹介の内容は、各ユーザーの詳細の「プロフィールページ」にて確認が可能です。

 

週間学習計画を設定しましょう

 

週間学習計画とは、「1週間にどれくらい勉強をするか」という予定です。

習慣づけのために、曜日ごとに平均どれくらい勉強するかを考えて設定しましょう。

習慣学習計画を設定することで、学習予定時間グラフが表示されます。

また、学習日報機能で実際に学習した時間と比較したグラフを見ることもできます。

毎週・毎月きちんと学習を継続的に行うための指標として活用して下さい。

週間学習計画の設定は、マイページ右上のアイコンから [設定] をクリック、その後ページ左側メニューから [学習計画設定] を選択してください。

 

 

学習目標時間を曜日ごとに"分単位"で入力します。

右側のフォームにもやりかたや場所など入力して、出来るだけ具体的に実際に出来る内容として記載しましょう。

 

 

マイページで当日の予定も表示されます。

 

スキルアップと学習時間の目安

 

だらだらと学習していても仕方ないですが、基本的にスキルは学習量に比例します。

スキル習得の早さは様々な要因(もともとのITリテラシー、学習へのモチベーションや集中力、学習に対する性格)によって大きく変わります。

一般的なプログラミングスクールにおいては、「120~200時間程度学習すれば本格的なアプリ開発もぼちぼち出来るようになってくる」という時間配分でカリキュラム作成をされていることもありますので参考にしてみて下さい。

プロの(仕事として開発等している)ITエンジニアは月40時間、1年で480時間は最低でも経験値を稼いでいます。

1000時間程度(きちんと効率的に)学習すれば品質についてや、設計についてなどの観点も磨かれて来るかと思いますので、無理なく楽しく、中長期的に学習をしていくことを忘れないで下さい。

逆にきちんと(楽しく)学習さえ続けられれば、誰にでも出来るものではあります。

 

おわりに

以上で、TechCommitサイトを活用する準備が完了しました!

各機能の記事については、他のエントリーで取り扱います。そちらも是非参照し、TechCommitの機能について知って学習習慣の形成にお役立てください!

<<プログラミング学習環境のTechCommit利用準備(ツール編)
 

TechCommit利用ガイドへ

コミュニティ型プログラミング学習環境のTechCommit活用法


記事一覧に戻る

関連記事

学習コミュニティ案内
サムネイル画像
2019/08/22 19:00
TechCommitオフラインイベント開催ルールと運用ガイドライン
学習コミュニティ案内
サムネイル画像
2019/05/08 15:00
プログラミングの学習習慣をつける!オンラインもくもく会の活用法
学習コミュニティ案内
サムネイル画像
2019/05/23 16:00
プログラミング学習環境のTechCommit利用準備(ツール編)
学習コミュニティ案内
サムネイル画像
2019/05/23 19:00
プログラミング学習環境のTechCommit利用準備(サイト編)
学習コミュニティ案内
サムネイル画像
2019/04/19 10:00
Zoomのインストール方法と基本的な使い方
前の記事:プログラミング学習環境のTechCommit利用準備(ツール編)